富士山3Peaks+1 反時計回り

7/16 富士山の周りを一周しながら、ふじアザミライン、富士スバルライン、富士山スカイラインを5合目まで登る 富士3Peaksに挑戦してきました。+1なのは御殿場口新五合目にも登ったから~。 過去の走者の記録や今までの自分の走行記録から、目標タイムを10時間以内に設定。 道の駅すばしりからふじアザミライン→富士スバルライン→富士山スカイラインの順に登る、反時計回りルート。 マシンはWilier Zero.7、前50-34T 後11-28T。 半そでジャージ&ビブパンツ、アームカバー、ポケットにウインドブレーカー。 朝3時台に起床、前日買っておいたパスタを食べ、東名経由で道の駅すばしりまで車でデポる。 ライト不要の明るい時間に出走したかった、気温の上昇を考え早めのスタートにしたかったことから スタート時間を日の出時間(4時36分)頃に設定。4時48分に道の駅すばしりを出発する。 スタート時は晴天で気温は19度、走るのにちょうど気持ちよい。 まずは激坂からやっつける戦略で、ふじアザミラインから攻略することにする。 まだ気温も低く、軽量化のため、ペットボトルは1本体制。想定タイムは1時間程。 前半はストレートに10%程度の勾配が続いていくが、道幅が広いので感覚的にはそれほどの斜度を感じない。 いきなり最初から無理をしたら後半にたれることが分かっているので、心拍を160台に固定、軽めのギアで登る。 富士山はすっかり雪も溶け、赤富士に。まだまだ余裕。 この時…

続きを読む

土湯温泉 ニュー扇屋

土湯温泉 ニュー扇屋 ☆☆☆+   HP ・単純泉+炭酸水素塩泉の混合泉 ・源泉かけ流し 湧出温度- pH- ・内湯x1  内湯x1、露天x1  貸切風呂x3、家族風呂x2 ・14-17時 ・700円 貸切風呂 2名で2,700円(45分)  日帰りプランあり  宿泊可 安達太良山連峰の中腹・伝統工芸品こけし発祥の地でもある土湯温泉にある温泉宿。 源泉は敷地内から湧く自家源泉(炭酸水素塩泉)と土湯温泉の共同源泉(単純泉)の混合泉。 日帰りの利用も可能だが、今回郡山で用事があった際にこちらに宿泊した。 ちなみにペットもいっしょに泊まることが出来る。(追加料金あり) さくせいちゅう 土屋温泉まではJR福島駅から福島交通バスで40分ほど。 場所は土湯温泉の中央にある。わかりにくいが裏に駐車場あり。 宿泊日は団体客がいて、カラオケで結構うるさかった…。 さくせいちゅう <写真追加予定> 5階の内湯(大浴場 彩雲)。長方形の石造りの浴槽で10人ほど入れるサイズ。 透明無色、灰色の湯の花が舞っている。味は土っぽい。 4階の内湯(大浴場 華扇)もほぼ一緒の湯とデザイン。 <写真追加予定> 6階の展望露天風呂「翔雲」。5階の内湯のわきにある階段からスリッパを履き替えて上がる。 風呂前に棚+籠の脱衣場あり。 屋根や囲いで回りはほとんど見えないが、風が気持ちいい。 <写真追加予定> 3階の家族風呂「宝の湯」。宿泊客は自由に入る…

続きを読む

信夫温泉 のんびり館

信夫温泉 のんびり館 ☆☆☆   HP ・硫黄泉 ・源泉かけ流し 湧出温度-度 pH- ・ ・男女各 内湯x1 露天x1、貸切内湯x1、貸切露天x1 ・宿泊のみ 吾妻磐梯スカイラインの福島側の麓に位置する温泉宿。 以前は日帰りも受け付けていたが、平成30年2月からは宿泊のみとなっている。 郡山で用事があった際に宿泊した。 吾妻磐梯スカイラインをのぼっていくと大きな看板がでている。案内どおり左のわき道から駐車場へ。 駐車場に車をとめて奥に進むと吊橋がある。 外観。靴をぬいであがる。 今回の部屋。今回は1人での素泊まりだったので、食事はなし。 岩魚やとらふぐをはじめとした料理が美味しいらしい。 内湯。湯は無色透明、硫黄の香りはほとんどせず、やわらかい泉質。 内湯のとなりにある家族風呂。小さな船形の浴槽がひとつある。 屋根つきの石造りの露天風呂。 渓流貸切露天の入り口には日本酒と枡が置いてあり、自由に飲むことが出来る。 渓流貸切露天風呂。あいていれば、宿泊者は誰でも入ることができる。 川のせせらぎがよく聞こえる。 その他、露天付き客室、内湯付き和室があるよう。 さくせいちゅう H30年6/29-30 宿泊

続きを読む

霧積温泉 金湯館

霧積温泉 金湯館 ☆☆☆☆+   HP ・カルシウム‐硫酸塩泉 ・源泉かけ流し 湧出温度38.9度 pH7.9 ・男女各 内湯x1 あらい場あり ・700円  宿泊可 群馬県、上信越高原国立公園内にある、群馬の秘湯。 犬が発見したとされ、古くは犬の湯と呼ばれたそうな。 かつては勝海舟や伊藤博文、与謝野鉄幹・晶子夫妻なども訪れたとのことだが、明治43年の山津波以降は この金湯館のみが営業を続けている。森村誠一の小説「人間の証明」の舞台ともなっているそう。 たどり着くまでの道はかなり険しいが、湯質はとても良い。 碓氷峠の麓、峠の湯の先の分岐から県道56号線を霧積ダム方面へと3km強登る。勾配はかなり強い。 霧積ダムをすぎてからは5km程、離合困難な狭路の坂を登っていく。この先は霧積館以外は何もない。 ところどころに退避場はあるものの、一度対向が来るとバックに苦労するのは間違いないので、冷や汗もの。 終点前、霧積館への分岐の坂の分岐入り口が右側にある。この先はゲートがあり、旅館関係車両以外は通行禁止。 さらに先に150mほど直進すると、水車のある駐車場がある。駐車場は未舗装でがたがたなので注意。 以前は姉妹館の「山の湯 霧積館」があったそうだが、現在は廃業しており更地となっている。 駐車場に公衆電話。宿泊者はここから宿に電話をいれて迎えに来てもらう。電波はかろうじて届くレベル。 駐車場につくと「ホイホイ坂」なる看板が目に…

続きを読む

微温湯温泉

微温湯温泉 ☆☆☆☆☆   HP ・酸性-含鉄(Ⅱ,Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩温泉 ・源泉かけ流し 湧出温度31.8度 pH2.9 湧出量194L/min ・男女各 内湯x2 ・10-15時 4月下旬~11月中旬の営業 ・500円  宿泊可 「微温湯」と書いて「ぬるゆ」と読む温泉。微温湯温泉 旅館二階堂が正式名称。 その名のとおり、低温の湯が特徴の温泉。湯温が低すぎるため、冬季は営業していない。 県道126号を10kmほど登った終点にある。道は舗装は良いが、急勾配で離合も困難なので注意。 駐車場あり。宿泊客は福島駅より土船行きバス約20分、バス停水保で下車して送迎あり(要予約)。 森の中の坂をのぼっていくと古民家風の宿が現れる。 入り口で猫がお出迎え。 受付でお金を払う。左手の渡り廊下先に浴槽があることを教えてくれる。 まるでトイレのような浴室入り口…。 入ると脱衣場。棚に籠が置いてあるもの。 浴室には木の浴槽がひとつ。10人くらいは入れそうな大きさ。 湯量が豊富で、じゃばじゃばと湯が注がれており、手前側に大量にオーバーフローしている。 湯温はきわめて低く、32度。ぬる湯というより冷たくない水という感覚。 しかしこれが夏場にはものすごく心地よい温度で、冷えもせずとても長湯が出来る。 酸性度が高く、なめてみるとレモンのようにすっぱい。これで顔や目をあらうと気持ちが良い。眼病に効くお湯だそう。 無色透明、鉄の香り。 …

続きを読む

BRM922コース試走

6/12(火)にBRM922 HAUTE BREVET de Nihonbashi 1re etapeのコース試走を試走したレポートです。 ちなみに本番には不参加です (^o^) マシンはWilier Zero.7、ホイールはRacing Zero Carbon。 ギアは34-27T。正直リアは30T有っても良いね? 給電の為、トップチューブバッグ装着。サドルバッグにはチューブx1とツール、pekoさんの超軽量輪行袋。 補給の少なさを考え、ダブルボトル体制。 ポケットにおにぎり、あんぱんx4、エナジーバー、虎屋の羊羹などの食料を搭載。 走りながら補給し、飯屋には入らない。 コース図。 スケジュールは総所要時間10時間半、野辺山に14時半到着で組んでみる。 なお本番はスタートは4時と4時半、リミットは17時半と18時とのこと。(13時間半以内) 西八王子駅前のコインパーキングに車で輪行し、スタート地点の陵南公園まで自走。公園近くのコンビニでトイレ。 4:00丁度に出発。周囲はまだまだ暗い。前日の雨で路面はウェット。当然誰も走っていない。気温17度。 スタート~和田峠までの道は短い登りやゆるゆるの登り基調で30㎞/h前後の速度。 ここはトレイン組んだら楽だろうなーとか思いながら走る。 和田峠は先も長いのであまり負荷をかけず、アタック時の心拍マイナス10(170程度)くらいに抑えて登る。 おかげでそこまでしんどくない。定刻に間に合わせるため、最後に…

続きを読む

御所平温泉 かくれの湯

御所平温泉 かくれの湯 ☆☆☆☆   HP ・ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉 ・源泉かけ流し 湧出温度48.6 pH6.5 ・男女各 内湯x1 露天x1 あらい場あり 食事処あり 休憩スペースあり ・11-19時 土日祝のみ(よく変わるので注意) ・900円   フェイスタオル200円 北軽井沢の北に位置する秘湯。国道の案内看板の通り進むとかなり狭い悪路を経てたどり着く。 南側からアプローチしたほうがまだ道路状況は良い。 やや大きめの未舗装の駐車場あり。 中に入り、鍵つきロッカーに靴を入れる。なぜか鍵の番号はハングル文字。 券売機で入浴券を買い、入って左奥にすすむと浴室がある。 脱衣場は100円リターン式鍵つきロッカーと棚に籠が置いてあるものがある。 <写真追加予定> 内湯。6人ほどのサイズ。美泡の湯と希泡の湯の2種類があるよう。 湯口から勢いよく湯が投入される。 湯温は熱め。無色透明で細かい泡が舞っており、泡つきが非常に良い。 金気臭があり、鉄のような味がする。 <写真追加予定> 森の中の岩の露天風呂。10人以上入れるサイズ。こちらも湯量は豊富。 内湯よりは温度は低く、ややぬるめ。長湯が可能。 やや灰緑色に濁る。泡つき・鮮度は内湯に劣る。 外にあるカランからは源泉が出て、ヘッドスパを勧めている。 食事処はかくれうどん、焼きカレーが名物のよう。 北軽井沢で泡つきの良い良質かけながし温泉に入りたい方に。 H30年4…

続きを読む

中仙道キャノンボール(フル) 東→阪

・中仙道(六十九次)すべてを通るコース 武蔵:日本橋-板橋-蕨-浦和-大宮-上尾-桶川-鴻巣-熊谷-深谷-本庄- 上野:新町-倉賀野-高崎-板鼻-安中-松井田-坂本- 信濃:軽井沢-沓掛-追分-小井田-岩村田-塩名田-八幡-望月-芦田-長久保-和田- 下諏訪-塩尻-洗馬-本山-贄川-奈良井-藪原-宮ノ越-福島-上松-野尻-三留野-妻籠-馬籠- 美濃:落合-中津川-大井-大湫-細久手-御嵩-伏見-太田-鵜沼-    加納-河渡-美江寺-赤坂-垂井-関ヶ原-今須- 近江:柏原-醒井-番場-鳥居本-高宮-愛知川-武佐-守山-草津-大津- 山城:三条大橋 555.7km (三条-梅田 +49.2km) 100 高崎市境 200和田宿 300寝覚の床 400木曽川渡橋 500愛知川宿 日本橋~和田宿まで 和田宿~十三峠(瑞浪)まで 十三峠~京都三条大橋まで 六十九次を一部通過しないショートカットルート(大阪まで)577.3km 和田宿~R19中新田西まで R19中新田西~梅田新道まで

続きを読む

有馬温泉 兵衛向陽閣

有馬温泉 兵衛向陽閣 ☆☆☆☆   HP ・含鉄・ナトリウム-塩化物強塩高温泉 ・かけながし・循環併用 源泉温度83.5度 pH6.34 ・一の湯 内湯x1、露天風呂x1  二の湯 内湯x1、露天風呂x1 (一の湯/二の湯は男女日替わり入れ替え)  三の湯 男女各 内湯x1、露天風呂x2  貸切露天風呂x2(宿泊者のみ、要予約)  各あらい場あり ・足湯あり 休憩処あり マッサージあり 売店あり  バーあり カラオケあり ゲームコーナーあり ・6-25時 貸切露天風呂 8時~9時45分、14時45分~22時15分 ・日帰りプラン 3,000円から(要予約)  宿泊プラン  貸切露天風呂 朝霧 4,100円/50min 夕霧3,100円/50min <写真追加予定> 日本三古湯、日本三名泉に数えられる有馬温泉の創業約700年の老舗旅館。 何より関西人にはキダ・タロー作曲の「ありっまひょ~えのこうようかくへ~♪」という CMフレーズでその名を知らぬものはいない。 施設規模もかなり大きく、東西南北の4館に加え、3つの金の湯を使った湯処をもつ。 旅館は有馬温泉の中心部の高台にそって建っている。 神戸電鉄有馬線 有馬温泉駅から坂を少し登って徒歩5分ほど。 有馬温泉駅・有馬温泉バス停・ロープウェイ有馬駅から送迎あり(要連絡)。 150台の無料駐車場あり。冬季は積雪や路面の可能性もあり注意。 <写真追加予定> 受付は南館一階。お土産屋も大きく品数豊富…

続きを読む

中山平温泉 名湯秘湯 うなぎ湯の宿 琢琇

中山平温泉 名湯秘湯 うなぎ湯の宿 琢琇 ☆☆☆☆☆   HP ・含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 ・源泉かけ流し 湧出温度- pH-  ・男女各 内湯x1 露天x1 混浴露天x1  時間入れ替わり(内湯x1+露天風呂x1)⇔(内湯x1) ・10時半-14時、15-20時(最終受付19時) 週末は昼の営業のみ ・800円  宿泊可 鳴子温泉郷の西に位置する中山平温泉の温泉宿。 その湯のアルカリ性のヌメヌメトロトロっぷりから名前に「うなぎ」とつく。 駐車場あり。JR古川駅から送迎バスあり。(日帰り用もあり 要予約) 中山平温泉駅からは徒歩15分ほど。 <写真追加予定> さくせいちゅう H29年 訪問

続きを読む